飛鳥旬プロデュース アトピー完治への道

145-便通と体感

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■   ☆告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」☆ 第145話
□■     ~アトピー克服を支援するメルマガ~  読者数10,417人
□□■    関連サイト                   2017/12/17
□□□■    アトピー完治への道 http://www.atopy-1.info/
□□□□■   アトピ性皮膚炎克服レポート http://www.1atopy.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。飛鳥です。

師走ですね。

今年も残すところ、あと20日ほどになりました。

良いこと、悪いこと。
生きていると、いろんなことに遭遇しますね。

さて、皆さんにとって、今年はどんな年だったでしょうか?

今回のメルマガ。

タイトルは、『体感』です。

体感とは文字通り、身体を通じて感じること。ですね。

アトピーの時、私はいろんな経験をしました。

残念ながら『良いこと』は、ほとんど記憶がありません。

今だからこそ、『あの時は…』と懐かしい気持ちで振り返ることもできますが、
正直な所、当時は身体的にも精神的にも限界に近かった。

「今、よくこんな風に普通に生きてられるよな~」って思います。

そんな中、

この経験だけは、後々もずっと役に立った。と思えることがあります。
と言うか、この経験は今もずっと役に立っています。

その経験とは、『体感』です。

私のホームページやメルマガ。
実は、内容は全てこの『体感』がベースになっています。

私の場合、アトピーに関しては頭で考えたことを文字にしているのではありません。

そうではなく、経験した『体感』を視点を変えてお伝えしているだけなのです。

日々、私達はいろんな経験をしますが、中でも自分の身体を通じて体験したことは、
その後も、強いインパクトを残すのではないでしょうか?

戦争を経験した人って、私なんか想像もできないような体感があるんだろうな・・・

では、そろそろ

そんな私の、『体感』をお話しましょう。

はじまり、はじまり。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   
       ◇◆◇  体感は一番確実。  ◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私は今、アトピーではありません。

18年間アトピーで苦しみましたが、今はアトピーではない。

で、ちょっと変な言い方ですが、私、今もしアトピーになりたければ、
再びアトピーになるなることが出来ます。(やりませんよ)

つまり、アトピーになることも、アトピーを治すこともできる。

何故、こんな大胆なことが言えるのでしょう?

それは私の経験の中に、『体感』があるからです。

そう。『体感』です。

つまり、

この『体感』を続けることで、アトピーを確実に治せる。

その一方で、、

こういう『体感』を続けることで、間違いなくアトピーになれる。

このことを把握しているのです。

見方を変えると、

この『体感』があるからこそ、アトピーを再発させることなくずっと
そのまま。つまり『完治』した。と言えるのです。

私に言わせれば、

『体感』とは、一番安全で確実な身体からのプレゼント。

この『体感』があるからこそ、歯止めが効くのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   
  ◇◆◇  『治して貰う』ではなく、自分で治す  ◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私は、アトピーは誰かに治して貰う類の病気ではない。と思っています。

それと同時に、

アトピーは、劇的に短期間で治す類の病気ではない。とも感じています。

でも、ここは誤解しないでくださいね。

私は、短期間で治すのがダメだと言っている訳ではないですから。
アトピーが短期間で治るなら、それはそれで素晴らしいことです。

私が言いたいこと。

それは、『体感』が無いままの『治った!』は常に不安。

だと言うことです。

何故なら、この場合の『治った!』には根拠が明確でないから。

どうして自分のアトピーが治ったのか。

この理由が、常にボヤーッとしたまま不明瞭だからです。

そうなると、後々不安が残ります。

例えば・・・

就職や結婚、出産を機に、再びアトピーがバーッと出たりする。

『体感』が無いまま治った場合、コレ、今でもよくあるケースです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   
  ◇◆◇  『体感』すれば歯止めが効く  ◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

体感すること。

私の場合、それは『便通』でした。

この『体感』。

言葉や文字でお伝えするのは難しいのですが・・・
これはもう、今まで頭の中に詰まっていた屁理屈がぶっ飛ぶ経験でした。

太くて、長い(30センチ)一本の便。
表面がコーティングされたようにツルンと光沢のある便。
排泄後は食道から肛門まで、全てが出尽くしたような爽快感を伴う便。

所要時間は1分以内。
トイレットペーパーなんて殆ど使わない。
こんな大便が毎朝、スポーン!スポーン!

「何か、調子いい・・・」
「俺、今、元気? うん。元気になってる。確かに・・・」
「ん?皮膚の炎症、消えてる・・・」

伝わってます?
分かりづらいですよね?

とにかく、皮膚の炎症だけではありません。
鼻の詰まりもなくなっているし、頭の中もスッキリです。

但し、この体感は長くて3時間程度しか続きません。(徐々に長くなります)

で、この体感後、今までの疑問が次から次へと氷解。

例えば、ステロイド。

アトピーは免疫疾患なのに、免疫を抑制するステロイドを使っていて治せるのか?

これも、この『体感』後は、どうでもよくなりました。

考えるのが面倒でどうでもいいのではなく、本当にどうでもいいことだと分かるから、
どうでもよくなったのです。

実際、ステロイドを使うのは痒みを抑えるためです。
だから、痒くなければステロイドを使う理由もなくなる。

ステロイドを使う・使わないで悩むより、炎症を消す努力だけでいいのですから。

つまり、

私の得た『体感』とは、簡単に言えば『快便』のことですね。

そう。快便です。

で、この快便を得るためには、食べ方に注意が必要です。

それは、まず『お腹が減ってから食べる』こと。
これが一番です。

時間だから食べるのではなく、お腹が減ってから食べる。

これが『快食』の最初。

で、次に、

ゆっくり食べること。
良く噛んで食べること。

以上が、『快食』。

そして、この快食と快便が身に付くと、後は『快眠』をプラス。

夜、ぐっすり眠れますように・・・

アトピー性皮膚炎は免疫疾患と言われています。

しかし私の経験からすると、免疫疾患のアトピーを治すには免疫系の治療よりも、
消化器系と自律神経系の正常化を目指す方が得策です。

因みに、『快眠』は自律神経系のウエイトの方が高いかも。

最後に。

アトピーだけを治す特別な治療法なんてものはありません。
アトピーを治す種子を自分以外に求めなくても、既に自身の内にあります。

この種子をゆっくり育てる。
これが一番、安全で確実です。

今年も一年、ありがとうございました。
───────────────────────────────────
<発行人> 飛鳥 旬
・関連HP アトピー完治への道  http://www.atopy-1.info/
 アトピー克服レポート http://www.1atopy.com/
・問合せ asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 2018年1月
・登録・解除はこちらから http://www.mag2.com/m/0000116963.htm
======================================================================
★ 私のプロフィールはこちらです。
http://www.atopy-1.info/gm1.htm
======================================================================