飛鳥旬プロデュース

いのちの輝き

新しい年が明けた。

今年は、どんな年になるのだろう・・

20代から30代にかけて、新年を迎える度、いつもこんな風に思っていた。

「今年こそアトピーを治す!」

私が、アトピーだったのはおよそ18年間。

具体的には高校入学から33歳までの期間だが、症状が顔に出てからと言うもの、私は次第に『いつもアトピーのことばかり考えている人』になっていった。

症状が顔に出て以来、私は外出することが億劫になった。

そんな筈はないのだが、いつも誰かに顔をジロジロと見られている気がした。

そんな毎日が続く中、

私は、徐々にではあるが『いのちの輝き』を無くしていった。

ひどく心が萎え、何かをする勇気も消失しかけている自分に、ふと気付いたのだ。

その後、アトピーは完治した。

紆余曲折を経て、もがき苦しみながら、とにかくアトピーとサヨナラした。

そして40歳の時、自己の克服体験をHPで公表した。

このHPをきっかけに、かっての自分同様、死にもの狂いでアトピーを治そうと必至に戦っている人達と出会うことになる。

人と人の出逢いは、常にお互いの人生を変容する可能性を秘めている。

真実の愛は、理解から生まれるのかもしれない。

私がそう感じるようになったのも、様々な読者の方との出逢いから。

苦しみ、困難・・・

人は皆、苦しみや悩み、困難を抱えながら生きている。

相手を理解しようとする過程から生まれる優しさや思いやり。

この優しさや思いやりには、ある種のエネルギーを伴っている。

しかもこのエネルギーは、アレが欲しい、コレも欲しい時に生じるエネルギーとは性質が違う。ギラギラしたものがなく、どこまでも穏やかで平静なのだ。

そして驚くのは、このエネルギーには『いのちの輝き』が宿っていることだ。

かってアトピーで『いのちの輝き』を失いかけた自分が今、アトピーの方との出逢いの中で、再び『いのちの輝き』を感じさせて頂いている。