飛鳥旬プロデュース アトピー完治への道

疲れを感じる時

20代の頃、重度のアトピーだった頃、私はいつも疲れていた。

「ああ疲れた・・・」

この言葉を、何度口にしたことか。

それはもう、口癖のようになっていた。

実際、私は本当に疲れていた。心身ともに。

立っているより座りたい。座っているより横になりたい。

常に、そんな状態だった。

アトピーと言う病気も重症化すると、そんな状況になってしまう。

ところで、

この『疲れ』はどこから来るのだろう?

私の場合、この『疲れ』をよくよく観察してみると、それは必ずしも

身体的・肉体的な要因ではないことに気付く。

その証拠に、私は自分が好きなことをしている時だと、身体的・肉体的

な疲労でさえ、むしろ心地よく感じている。

一方、自分がやりたくないこと、気が進まないことを我慢してやった後、

私は、どっと疲れている自分に気付く。

と言うことは、

疲れが生じるメカニズムとは考え方や心、つまり身体的・肉体的要因

ではなくメンタル面、精神面に起因している気がする。

言い換えるなら、

『疲れ』と言うのは、心とカラダのバランスが崩れた時に生じる。

こう考えると、思い当たる節は一杯ある。

つまり、身体とココロがバラバラの状態。

お風呂でシャンプーしている時、心はうわの空。

で、湯船に入る時、『あれ?シャンプーしたっけ?』

この程度なら、笑い話で済む。

それでも、『怖いな~』と思うのは、車の運転。

集中しているようで、他のことを考えている時が多い・・・

何となく、目的地に向かっているだけなのだ。

『これでいけない・・・』

そう思って通勤途中、歩いている時には『歩く』ことに集中することにした。

歯を磨く時には、歯を磨くことに集中。他のことはなるべく考えない。

すると、すると・・

こんな単純なことで、心と身体が一体化する。

次第に・・ ゆっくりと・・・

では、嫌な仕事をしなくてはならない時は?

その仕事が好きだと思えないか? 試してみた。

その結果、『何が何でも嫌なものは嫌!』と言う仕事は意外と少ない。

まあ好きではないが、不思議とそれなりに大事な仕事のように思えてきた。

これだけでも、『疲れ』は随分マシになる。

実を言うと、この方法は瀬戸内寂聴さんから拝借。

寂聴さん曰く、『私は嫌な仕事は好きだと気持ちを切り替えてからやります。』